学校の働き方改革の行方 教員志望の学生にはどう映る?

さまざまな調査で教師の長時間勤務の実態が明らかになる中、教員採用試験の倍率低下や若手教師の離職が深刻な問題になっている。そんな中、全国の教員志望の大学生らが中心となって、学校の働き方改革の問題を考える動きが広まっている。教員志望の学生から見ると、学校の働き方改革を巡る一連の議論はどのように映っているのだろうか。各地の大学で教員の働き方をテーマにしたイベントを開いている、学生団体「Teacher Aide」の共同代表を務める櫃割仁平(ひつわり・じんぺい)さんにインタビューした。




苦しむ友人を救いたい

――「Teacher Aide」を設立したきっかけを教えてください。

「Teacher Aide」を立ち上げたのは昨年12月で、まだ半年ほどしかたっていません。今年3月に京都教育大学で初イベントを開催し、教員の過酷な勤務実態の問題を指摘している名古屋大学の内田良准教授に登壇してもらいました。

なぜ、教員の働き方を議論する学生の団体をつくったか。その答えはとてもシンプルです。

僕は大学を1年間休学したので、同級生の友人は1年早く社会人になりました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。