小さな幼稚園の危機 無償化対象外の幼児教育類似施設


10月から始まる幼児教育・保育の無償化で、「小さな幼稚園」が存続の危機にひんしている。敷地面積が基準を満たさないなどの理由から、幼稚園としての認可を受けていない「幼児教育類似施設」が無償化の対象外とされたからだ。この措置に対し、施設の経営者や保護者から疑問の声が上がっており、署名活動などが展開されている。無償化から取り残されてしまった類似施設を取材すると、小さな幼稚園ならではの実践の豊かさ、それを必要とする子供の存在などが浮かび上がってきた。


小規模だからこそ、さまざまな子供が共に育つ

「地域密着で長年やってきた私たちが、どうして廃園の危機に陥らなければならないのか。国は『全ての子供たちを無償にする』と言っているのに、納得がいかない」――。

東京都西東京市にある類似施設「たんぽぽ幼児教室」の運営を担当する平賀千秋部長は、憤りを隠せない様子でそう語る。

類似施設が幼児教育・保育の無償化の対象に含まれていないことが分かったのは、1年ほど前のこと。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。