【ムンディ先生】シンプルな授業こそ「神授業」



ある公立高校の社会科教員の授業が、全国的に話題を呼んでいる。山崎圭一教諭、ネットでの愛称は「ムンディ先生」――。2014年から世界史や日本史の自らの授業動画をYouTubeにアップし、8月時点のチャンネル登録者数は約4万8000人、トータルの再生数は1200万回近くに上る。なぜ、ムンディ先生の授業は生徒らの心に響くのか。生徒に「もう一度受けたい」と言わせる授業の秘訣(ひけつ)をひもとく。(全3回)




シンプルなのに「神授業」

――授業の動画をYouTubeにアップし始めたきっかけを教えてください。

きっかけは、以前に勤務していた高校の教え子です。世界史の授業を担当していた2年生の生徒に「受験まで一緒に頑張ろうぜ」と声を掛けたり、1年生の生徒には「世界史は面白いよ」と世界史の選択を勧めたりしていたのですが、その年に異動になってしまったんです。

生徒たちから「先生の授業を3年になっても受けたかった」「土日に教えに来てください」と言われるし、1年生にも世界史を勧めてまわった手前、生徒に申し訳ない気持ちもあるし……。

そんな時に、1人の生徒から「じゃあ先生、授業をYouTubeにアップして、いつでも見られるようにしてよ」と言われたんです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。