【ムンディ先生】「学習迷子」を生まない教員スキル



YouTubeで配信する世界史や日本史の授業動画が、全国の高校生や教員たちから反響を呼んでいる「ムンディ先生」こと、山崎圭一教諭。一方で公立高校の社会科教員として日々、高校生たちと向き合っている。インタビューの第2回では、ネットとリアルの授業づくりの違いや、目まぐるしく変化する現代の教育界に必要な教員のスキルについて聞いた。





ネットとリアルは全く別物

――現在、福岡県で公立の定時制・通信制高校の社会科教員として勤務されています。ネットでの授業と教室で行う授業とで、違いはあるのでしょうか。

もちろん、全く別物です。

ネットでの授業は視聴者に学ぶ意思があるのが前提ですが、教室で行う授業は違います。目の前の生徒のコンディションや反応を見て、その瞬間、瞬間で機転を利かせる必要があります。

例えば、現在の勤務校ではパワーポイントのスライドに要点をまとめ、プロジェクターで投影しながら授業を展開しています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。