【ムンディ先生】「学習迷子」を生まない教員スキル

YouTubeで配信する世界史や日本史の授業動画が、全国の高校生や教員たちから反響を呼んでいる「ムンディ先生」こと、山崎圭一教諭。一方で公立高校の社会科教員として日々、高校生たちと向き合っている。インタビューの第2回では、ネットとリアルの授業づくりの違いや、目まぐるしく変化する現代の教育界に必要な教員のスキルについて聞いた。


ネットとリアルは全く別物
――現在、福岡県で公立の定時制・通信制高校の社会科教員として勤務されています。ネットでの授業と教室で行う授業とで、違いはあるのでしょうか。

もちろん、全く別物です。

ネットとリアルの授業は全く違うと話す山崎教諭

ネットでの授業は視聴者に学ぶ意思があるのが前提ですが、教室で行う授業は違います。目の前の生徒のコンディションや反応を見て、その瞬間、瞬間で機転を利かせる必要があります。

例えば、現在の勤務校ではパワーポイントのスライドに要点をまとめ、プロジェクターで投影しながら授業を展開しています。スライドは私の手元のスマホで操作できるようにし、分かりやすい図を入れ、大切な部分は文字が動くようにするなど、生徒が飽きない工夫をちりばめています。

また、生徒から質問があればスクリーンに映したスマホ画面上で検索したり、「昨日こんな写真を撮ったよ」と授業のテーマに絡めて写真を見せたりしています。

山崎教諭が学校の授業で使っているパワーポイント

――生徒の反応はどうですか。

興味を持って聞いてくれているとは思いますが、昨今のアクティブ・ラーニング(AL)の視点から見れば、逆行しているかもしれません。

授業をつくり込むと生徒は興味を持つ一方で、テレビを見ているような感覚で「ただ見るだけ」になってしまう。生徒の感性を刺激することや、協働的で深い学びなどの視点とも折り合いをつけたいと、試行錯誤しているところです。

基礎的な知識を整理して伝える重要性
――ALをどのように受け止めていますか。

ALの需要が高まれば高まるほど、私が動画で見せている「シンプルな授業」の需要も高まってくると思います。基礎的な知識を整理して、分かりやすく伝える授業へのニーズです。

特に歴史を教えていると感じるのですが、一つのテーマについて話し合ったり、考えを深めたりしようとすると、どうしても全体の流れやストーリーが見えづらくなります。また、協働的な学びは、材料となる基礎的な知識が不足していると、何を学んでいるのか分からなくなり、置いてきぼりになる生徒も出てくるでしょう。

それでは、ALの本来の目的から大きくずれてしまいます。

「今の子供はネットに明るいので、情報は検索して吸収できる」と言う人もいますが、一方でそれすら探し出せない子供がいるのも事実です。発展的な学びの材料となる基礎的な知識を整理して伝えるのは、やはり教員の大切な役割でしょう。

そのための効果的な手法の一つが、私が動画で配信している「シンプルな授業」だったのかなと思います。

教える根本の技術を磨かなければならない
――ALは、基礎的な知識があってこそ成り立つということですね。教員の教えるスキルについては、どう考えていますか。

根本となる技術を磨く必要性が高まっていると感じます。例えば50分間の授業のうち15分間を協働的な話し合い活動に充てるとしたら、基礎的な知識やストーリーを伝えられる時間は残りの35分間になってしまいます。この時間内に要点をきちんと理解させるためには、かなりの授業技術を備えなければならないでしょう。

山崎教諭の書籍は受験生だけでなく社会人の学び直しにも活用されている

しかし、特に今の若い教員はわれわれの時代とは違い、ALありきの研究授業や研修を受けてきています。ですから板書の書き方や説明の手法、声の大きさやメリハリなど、根本となる技術を検証する機会がなかなかありません。

――山崎先生は生徒を置いてきぼりにしないことに徹底的にこだわり、授業づくりをしている印象を受けます。

これまで特別支援学校や定時制高校などにも赴任し、困難な環境にいる生徒たちと向き合う機会が多くありました。「歴史になんて興味がない」「勉強に対してモチベーションが持てない」と言う子供もたくさんいました。そんな生徒が5分でもいいから興味を持ち、授業に耳を傾け、「先生が何だか面白そうにしゃべっているから歴史を好きになりました」と言ってくれることが私にとって一番の喜びであり、生徒からの最高のプレゼントです。

私自身もまだ発展途上ですし、一人一人の生徒と向き合う中で壁に毎日ぶち当たっています。日々の授業を終えるたびに、「もっとできるはずだ」と考え、試行錯誤を繰り返していますよ。

(板井海奈)


【プロフィール】

山崎圭一(やまさき・けいいち) 再生回数1200万回を誇る世界史・日本史授業動画YouTuberであり、現役の公立高校教師。著書に小説のように「読める」教科書をコンセプトにした『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』『一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書』(共にSBクリエイティブ)などがある。

関連記事