英語民間試験の活用(2) 現場教員が今、やるべきこととは



大学入学共通テストの英語民間試験の活用を巡り、高校現場から不安視する声が上がっている。こうした状況の中で今、学校教員にできることとは。英語4技能評価の課題と今後の展望、指導に役立つ具体的方策を、学校の授業や研修などで講師を務めるSapiens Sapiens(サピエンス サピエンス)代表取締役の山内勇樹氏に聞いた。




4技能を伸ばせるのは日本人の教員

――山内さんは、留学支援や英語を指導する会社を経営しながら、学校の授業や研修などで講師をされていますね。

ええ、私立高校での授業や英語学習に関する講演・講義のほか、高校の先生方を対象にセミナー講演、英語の教え方についてのワークショップ、勉強会を実施しています。
――ご自身では英語があまり得意ではない状態で留学し、脳科学を研究した経験を生かして現職につかれたとか。

はい、高校までの成績はあまりよくはなかったのですが、米国のコミュニティーカレッジに入学し、その後カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に進学。脳神経科学を専攻し、脳の学習機能や記憶機能、脳細胞の分子レベルでの動き、心理学などを研究しました。

そこで得た知見に基づく教育方法で2005年から海外への留学サポートを始め、500人以上の生徒を受け持ち、全員を合格させてきました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。