世界の教室から 北欧の教育最前線(30)先住民族サーメの教育(下)


北欧諸国では、マイノリティーの子供たちに配慮した教育制度が整えられている。北欧の北部で暮らすサーメの子供たちは、学校でサーメ語やサーメ文化を学ぶ権利が与えられている。前回はサーメの教育制度と多様なサーメ学校について紹介した。後編では、若者の文化発信と継承の課題を紹介する。


同化政策から復権へ

サーメは、他の先住民族と同様、何世紀にもわたって差別や偏見を経験し、自身のアイデンティティーと葛藤してきた歴史を持つ。国による圧政を受け、キリスト教への強制的な改宗をせまられ、19世紀後半から20世紀にかけては国家の同化・分離政策により、多くのサーメが自分たちの言語や文化を失った。

しかし戦後、サーメ民族問題は徐々に改善されていった。特にノルウェーは多くのサーメを抱えていたこともあり、1993年、他の北欧諸国に先駆けて、欧州評議会による「地域言語また少数言語の欧州憲章」を批准した。

このころ、国内ではサーメの子供たちが学校でサーメ語を学習する権利が保障された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。