【AI時代の教育を探る】改革の現在位置 鈴木寛教授②

日本の教育現場が大変革を迫られている背景には、AI時代の到来がある。学校現場では「想定外」「板挟み」「修羅場」といった事態を乗り越えられる人材の育成が求められ、プロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)の重要性が増している。前回の鈴木寛・東大教授へのインタビュー記事では、こうしたAI時代を見据えて新学習指導要領が目指す基本的な方向性についてお伝えした。

しかしながら、想定外を生き抜く力を身に付けた生徒は、大学入試できちんと評価されるのだろうか。ここがはっきりしなければ、生徒や教員が不安を抱くのは当然だろう。大学入試共通テストへの英語民間試験の採用を巡り、高校現場に不安が広がっている背景には、これから大学入試がどのように変わっていくのか、そのイメージをつかみきれないところに一因があるように思われる。

鈴木教授への4回にわたるインタビュー。第2回は大学入試改革の見取り図と現在位置について聞いた。(編集委員 佐野領)


マークシートで評価される学生は、AIに仕事を奪われる

鈴木教授は「今回の教育改革は、学習指導要領の改訂と大学入試改革を一緒にやっているところに最大の特徴がある」と指摘する。

現行の学習指導要領では「コミュニケーション」や「考える力」が重視され、「総合的な学習の時間」や小学校高学年での「外国語活動」が導入されている。学校教育法でも、育むべき学力の3要素として「基礎的・基本的な知識・技能」「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力」「主体的に学習に取り組む態度」が定められており、板書の丸写しや暗記のような受け身の学習が奨励されているわけではない。

しかしながら、実際の学校現場では、高校の社会科に代表されるように暗記中心の学習が依然として続き、必ずしも学校教育法が掲げた課題解決型の学習が浸透してこなかった。ここに問題があるのは明らかだろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。