「教える」から「引き出す」へ(下)正解のない問いに挑む「対話型授業」

「対話型鑑賞」で学びの新しい形を広げている、愛媛県美術館学芸員の鈴木有紀さん。「先生方は、私たち学芸員が思いつかないような面白い対話型授業を、どんどんつくっていく」と話す。鈴木さんたちプロジェクトチームが行ってきた「えひめ『対話型授業』プロジェクト」とは、どんなものだったのか。そして、今後も学校現場で継続的に実践していくために、どうすればよいのか――。インタビュー最終回では、4年間の同プロジェクトを通してみえてきた成果や課題を語ってもらった。


プロジェクトの4年間

――「えひめ『対話型授業』プロジェクト」は、どのように進んでいったのでしょうか。

愛媛県美術館では2015年度から4年間、文化庁の支援を受けて、愛媛県総合科学博物館や同歴史文化博物館の学芸員、県内小中学校の先生方、外部専門家との協働で、このプロジェクトをスタートさせました。

愛媛県は東・中・南の3地域に分かれているのですが、1年目は各地域から平均3~4人の先生に参加していただきました。もともと「対話型鑑賞」に興味があって美術館に出入りされていた先生や、そうした先生からの口コミで興味を持ってくれていた先生、私が小学校の事務職員をしていた頃の知り合いの先生、県内の他の博物館から紹介を受けた先生などにお声掛けし、参加していただきました。

それぞれ「対話型鑑賞」に関する知識はバラバラだったので、最初の1年間は「対話型鑑賞とは何か」について一緒に学んでいただきました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。