【先生の先生】漫才がつくる「理想の教師」


「漫才×教育」「落語×教育」「新聞記者×教育」――。教職志望の学生に向け、斬新な授業プログラムを次々に生み出す大学教員がいる。東京理科大学の井藤元准教授だ。プロの漫才師や新聞記者を講師に迎えて実施するプログラムは一見、学校教育と何ら関係のないように見えるが、受講した学生は「教職に生かせる」と口をそろえる。井藤准教授へのインタビューを通じ、教職を目指す学生に必要な力を考える(全3回)。


教職を目指す学生が漫才を披露

――漫才師のスキルを学ぶ「笑育」や、新聞記者のスキルを学ぶ「新聞教育プログラム(記者トレ)」など、一風変わったプログラムを次々と監修していますね。

松竹芸能さんと組んで実現した「笑育」は、本学において今年から「教職パフォーマンス演習」という名称で正式科目(1単位)となりました。

漫才づくりを通して、コミュニケーション力や表現力を磨くプログラムで、漫才師を講師に迎えて学生が漫才の基本構成を理解し、自らが漫才をつくって披露し合うものです。プロの漫才師がどのようにネタを作っているのか、どんな視点を持って人を笑わせているのかなど、小手先のテクニックにとどまらず根底の部分まで理解を深めることを目指しています。

今年5~6月にかけて実施した「記者トレ」では、アナウンサーをファシリテーターとして招き、記事の書き方やインタビューの手法などを学生たちに伝えました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。