【AI時代の教育を探る】改革の現在位置 鈴木寛教授③



来年春から小中高で順次完全実施される新学習指導要領では、これからの先行き不透明な時代に対応するために、想定外の事態と向き合い、それを乗り越えていく力を育むことを目指している。それを実現するカリキュラムの核となるのがプロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)であり、主戦場に位置付けられているのが高校だ。

このため、高校には多くの新教科が導入される。PBLに取り組む教科として『理数探究』と『総合探究』を位置づけ、PBLで生徒が直面する板挟みや責任の意味を考えるために『公共』を設け、先人たちの歴史から知恵と勇気を得る教科として『歴史総合』を、世界を知る教科として『地理総合』を新設した。さらに、AO入試や記述式問題の重視といった大学入試改革により、PBLを通じて課題解決力を身に付けた生徒が、大学入試できちんと評価される仕組みを作り出そうとしている。

だが、高校の教育現場では、学校や地域によってかなりの温度差があるようだ。大学入学共通テストでの英語民間試験の活用を巡る混乱には、一連の改革への不安が投影されているとみることもできる。

こうした中、教育改革に携わってきた鈴木寛・東大教授は夏休みを利用して全国各地の高校を訪れ、多くの高校教員と会い、現場の温度を肌で感じてきたという。鈴木教授への4回にわたるインタビュー。第3回は、高校の現状と先行事例について見解を聞く。 (編集委員 佐野領)




地方の公立高校 PBLに有利な条件も

教育改革を巡る高校の現状について、鈴木教授は、都会の私立高校、都会の公立高校、地方の公立高校の3つに大別して説明した。

「都会の私立高校は今回の改革を大歓迎している。少子化時代を迎えて生徒集めに苦労する中、今回の教育改革を千載一遇のチャンスと捉えている。私立の中高に入れば、PBLや英語の4技能をちゃんと身に付けられる、ということを売りにして、この少子化時代を乗り越えようと考え、ものすごく積極的な動きを示している」

「都会の公立高校は、すぐ近所にある私立高校に負けまいとする気持ちが強い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。