世界の教室から 北欧の教育最前線(31)「選ぶこと」と民主主義


スウェーデンから帰国して日本の保育園に通い始めた息子が、ある日、「今日はみんなで登り棒をした。何をして遊ぶか選べなかった」と驚きをもって話してくれた。そして「日本の保育園では何も選べない。おやつもだよ」と言う。面白い!と思った。ここには、日本とスウェーデンの教育がもつ価値観の違いがよく表れている。

日本では、「良いものを全ての子供に」という考えが強く、良い経験や良い食事をみんなに平等に与えることが重視されている。一方で、スウェーデンの教育は別の論理で組み立てられている。教育の第一目標は、民主主義を民主的な方法で学び、社会に参加させるということなのだ。その素地(そじ)を作る1つ、「選ばせる」教育について報告する。


1歳児にも選ばせる

ウプサラ市にあるプリスクール(スウェーデンでは幼保は一体化されている)では、午前中のおやつは毎日果物だ。先生がバケツいっぱいにりんご、バナナ、洋梨、オレンジなど、さまざまな果物を入れてきて、子供たちの前に座る。そして、果物ナイフで手際よく果物を切り、子供たちに一切れずつ渡していく。

このとき、必ず一人一人の子供に「何がほしい?」と聞く。まだ言葉が話せない子供には、2つ以上の果物を見せて、「どちらにする?」と聞き、指させる。

小さい子供たちを前にして、果物をその場で切って配るだけでも手間なのに、もうひと手間かけるのだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。