【性教育YouTuber】フランクに「性」を語ろう



妊娠、避妊、体の仕組み――。中高生の間で話題を呼んでいるYouTube動画がある。「YouTuberシオリーヌ」こと大貫詩織さんが配信する性教育動画だ。助産師や看護師の仕事を経て、現在は全国の学校を巡って、性教育の出張授業を続ける大貫さん。配信する動画が、なぜ現代の若者に響くのか。全2回のインタビューを通じ、大貫さんが出会った中高生の性実態とともに、現代の若者が抱く性のジレンマを読み解く。




早い段階で正しい性情報に触れるべき

――現在、どのような活動をしているのか教えてください。

全国の小中高校やフリースクール、大学で性についての出張授業をしたり、大人が性の話題をフランクに語れる場を企画したりと、性教育に関わるさまざまな活動を行っています。

特に力を入れているのが、今年2月から始めたYouTubeでの動画配信です。「性教育YouTuberシオリーヌ」として、子供たちが自身を守るために知っておくべき性の知識を配信しています。
――シオリーヌさんのチャンネルは、登録者数が4万2000人に上り、SNSでも話題を呼んでいます。なぜYouTubeに着手したのでしょうか。

子供たちに早い段階で、正しい性の情報に触れてほしいと思い、以前から性教育の講師などをしてきました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。