【ラグビー部にみる部活動の潮流(2)】タイ王立校における部活動と練習時間

静岡聖光学院中学校・高校ラグビー部監督 佐々木 陽

多様なスポーツ・芸術に触れるタイの王立校
本校は今年度から、タイのVAJIRAVUDH COLLEGE(ワチラーウットカレッジ)王立校と姉妹校締結を行い、交流をスタートしている。同校はキングラマ6世が1910年に創立した学校で、ワチラーウットはキングラマ6世の別名である。イギリスパブリックスクール、特にイートン校をモデルに設立されたタイでも屈指のエリート校である。

小学校段階から高校段階までの一貫校で、児童生徒数は約1000人の全寮制男子校だ。小学校段階では3つの寮に、中学・高校段階では6つの寮に分かれて生活をしており、それぞれの寮にハウスマスターがいる。各寮ではハウスマスターを中心とした自治が認められているが、ここでも「fine young gentleman」になることが共通の目標として定められている。

学校生活は非常にユニークであり、起床後すぐに登校し授業。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。