【内田良×江澤隆輔】 働き方改革の追い風と向かい風

学校の働き方改革を巡る議論は、現場での実践フェーズに移行している。教員の長時間労働がメディアで取り上げられ、保護者や地域の理解も広まりつつある一方、職員室の意識を変えるのは一筋縄ではいかない。現場レベルでの働き方改革は、どうすれば前へ進むのか。この問題の火付け役とも言える内田良名古屋大学准教授と、教員の時短術をまとめた著書がある江澤隆輔・福井県坂井市立春江東小学校教諭が対談し、学校の働き方改革を進める上での論点を探った(全3回)。第1回は、それぞれの立場から、働き方改革がもたらした学校の変化を語り合った。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)




学校に対する風向きが変わった

――学校の働き方改革は、現場での取り組みが進み始めている段階です。早くから問題提起していたお二人の、最初の接点を教えてください。

江澤 内田先生を知ったのは、中学校の教員として部活動の在り方に疑問を持ち始めたころでした。インターネットや本で調べていると、なにやら大学の先生なのに金髪の人がいるなと。実は内田先生は私と同じ福井県の出身。内田先生は福井が生んだ、部活動問題をはじめとする学校リスクの第一人者ですね。

内田 江澤先生とは、部活動改革がきっかけで、これまでもいろいろなところで一緒になり、ツイッターでも頻繁に意見交換をしています。江澤先生は現職の教員でありながら、顔と名前を出し、著書を何冊も出しています。働き方改革はときに政治や行政が絡んでくるテーマで、そのような中、実名・顔出しで発言している現職教員は珍しいと思います。

江澤 教員は外に出たがらないですよね。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。