【性教育YouTuber】ありのままが「安心」を生む

性についてYouTubeで動画配信したり、全国の学校で出張授業をしたりする「YouTuberシオリーヌ」こと大貫詩織さん。性教育の授業で、どこまで踏み込んでよいのか分からずに悩む教師が多い中、インタビュー後編では、現代の中高生が本当に必要としている性教育の形と、それに向き合う教師のあるべき姿について語ってもらった。

教師自身がタブー感を捨てる
――大貫さんから見て、学校の性教育の現状はどう映りますか。

ここ1、2年で具体的な内容を教えようとする学校は増えたと思います。その点で言えば、変化の兆しは見えているのではないでしょうか。

とはいえ、私が学校現場で話を聞いていても、先生自身が性について話すことをタブー視している印象があります。性教育を任された先生が「よし、頑張らないと」と、変に力が入ってしまっているような姿もよく目にします。

性教育をもう一歩前進させるためには、まず教える側である先生自身のタブー感を払拭(ふっしょく)することが先決でしょう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。