【性教育YouTuber】ありのままが「安心」を生む

性についてYouTubeで動画配信したり、全国の学校で出張授業をしたりする「YouTuberシオリーヌ」こと大貫詩織さん。性教育の授業で、どこまで踏み込んでよいのか分からずに悩む教師が多い中、インタビュー後編では、現代の中高生が本当に必要としている性教育の形と、それに向き合う教師のあるべき姿について語ってもらった。


教師自身がタブー感を捨てる
――大貫さんから見て、学校の性教育の現状はどう映りますか。

ここ1、2年で具体的な内容を教えようとする学校は増えたと思います。その点で言えば、変化の兆しは見えているのではないでしょうか。

とはいえ、私が学校現場で話を聞いていても、先生自身が性について話すことをタブー視している印象があります。性教育を任された先生が「よし、頑張らないと」と、変に力が入ってしまっているような姿もよく目にします。

性教育をもう一歩前進させるためには、まず教える側である先生自身のタブー感を払拭(ふっしょく)することが先決でしょう。

私は助産師として日常的に性に触れていましたし、興味のある分野なので、勉強していてもとても楽しいものがあります。学校現場においても「早寝早起きしましょう」「朝ごはんはしっかり食べましょう」といったメッセージと同じ並びで、性教育を扱えればいいのにと思います。

性教育を担当する先生からは、「何だか恥ずかしく感じてしまう」といった相談をよく受けます。その「恥ずかしさ」こそが、大人が抱いている性へのタブー感の正体であったり、充実した性教育への障壁であったりするのでしょう。

一般教養として性を伝える
――教師はどのような心構えで性教育と向き合えばいいのでしょうか。

まず、自分がタブー感を抱いていると自覚する必要があります。その上で、それを乗り越えながら授業を展開していくことが、教育者としての責務なのではないでしょうか。

教員の性へのタブー感払拭が大切だと話す大貫さん

具体的には、どうして性の話がタブーだと感じるかを振り返ることがとても大事だと思います。

今まで自分が、どんなものから性に関する情報に触れてきたのか、思い浮かべてみてください。例えばアダルトコンテンツからしか触れてこなかった人なら、性の話題は「隠さなくてはいけないもの」というイメージを持ちがちです。

幼い頃に「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」と質問して、大人から「そんなこと聞いちゃ駄目」などととがめられた人なら、「性の話題は子供の前で出すべきではない」といった価値観が無意識に育っている可能性もあります。

――教える側である教員自身も、理想的な性教育を受けた経験がないということでしょうか。

そうですね。大人でも勘違いしている人が多いのですが、プライベートな性に対する価値観と、一般教養として知っておくべき性の知識は、全くジャンルが違うものです。ですから、そこは分けて考えることがとても大切です。

学校現場が性教育に消極的になっている一因は、先生方の意識がプライベートな性の価値観にフォーカスされているからです。でも、性教育で子供たちに届けるべきなのは、一般教養としての知識なのです。

性教育の目的を丁寧に説明する
――その他に、教師からどのような声が寄せられているのでしょうか。

性について授業をするとなれば、児童生徒にプライベートな部分を明かさなくてはいけないのか、踏み込まれるのではないかと不安を抱く先生が少なくありません。

私自身も出張授業で、子供たちから「結婚しているの?」「先生もそういうことするんでしょ」などと、よくからかわれます。そうした言葉に対しては、「聞かれても答えたくないことには答えないよ」と毅然(きぜん)と返すようにしています。

性についての授業が照れくさくて、わざとふざける子供がいるのは事実です。ただ、最初になぜ性について話すのかを丁寧に説明すると、授業はスムーズに進みます。

「みんなは恥ずかしい話や面白い話と思っているかもしれない。でも、性についてきちんと知っておかないと、いつか大切なときに困ってしまう。私はこれからあなたたちを子供ではなく、一人の自立した人間と見て話をします。きちんと事実を隠さずに話すから、真剣に聞いてね」

そんな風に話すと、それまでクスクスと笑っていた子供たちも顔つきがガラリと変わります。

「こうしなさい」と指示する権利はない
――学校の出張授業では、具体的にどのような内容を伝えるのでしょうか。

中高生の場合、妊娠・出産、生理や射精の仕組みなど、体のメカニズムをきちんと説明し、理解してもらった上で避妊の方法を解説します。

今の日本の主な避妊法は、コンドームとピルです。なぜ、これらを使えば避妊できるのか、体の仕組みに照らし合わせ、根拠を示しながら説明します。あとはそれぞれの避妊具のメリットとデメリットを伝え、避妊するときは「自分で選んでね」と伝えています。

出張授業の様子を振り返る大貫さん

子供たちと接するときのスタンスとして、「選ぶのはあなただよ」と、必ず意思決定を委ねるようにしています。中高生からは、よく「性行為をしていいのは何歳からですか?」と聞かれますが、「それを決めるのは私じゃないよ」と答えています。

私の役目は、彼ら彼女らが意思決定するための選択肢や情報を丁寧に伝え、よく理解してもらうことです。「こうしなさい」という権利は無いと思っています。

性行為にはこんなデメリットやリスクがあって、一方でこんなメリットもあって、愛し合った人同士がすると、とても幸せな行為なんだよと伝える。

その上で「どういう状況になったらすればいいのか」「いつ自分は決断できるのか」と、子供たち自身が考えを深められるよう材料を提供しています。

――学校で行われている性教育について、どんな課題があると感じますか。

「生命の奇跡」「命の大切さ」のみにフォーカスした性教育が多いのですが、感動を与えるだけで終わってはいけないと私は思います。

また「怖がらせ教育」が多い点も危惧しています。ある学校では、中絶の様子を撮影した医療用のエコー動画を教材として使用していました。すごくショッキングで、子供たちにトラウマ(心的外傷)を植え付けたであろうことは容易に想像できます。それを見た子供たちが、いつの日か妊娠したくなったとき、どんな影響が出るのだろうと考えると恐ろしいですね。

今、本当に必要な性教育は、性を神聖化することでも、性に恐怖心を植え付けることでもなく、「ありのまま」を伝えることです。性行為のリスクを伝えつつ、ポジティブに受け取ってもらい、子供たちが将来、家族がほしいと思ったときの安心材料になればいいなと思います。

性教育で児童生徒に「安心」を
――改めて、性教育に大切なこととは何でしょうか。

「子供だから」と逃げずに、目の前の児童生徒と対等に向き合うことです。変に刺激すると悪影響を及ぼすのではないかと、不安を抱く先生も多いと思います。でも、私がいろいろな子供たちと接してきて思うのは、正確な情報に触れることで慎重に決断できるようになる子が大半だということです。「軽い気持ちで行動しちゃいけないなと思った」というのが、子供たちから一番よく聞く言葉ですね。

私の講演を聴いてくれた男子中学生の一人が「将来大切なパートナーができたら、相手とちゃんと話し合いながら、避妊や性感染症の予防をしっかりして性行為したい。お互いが幸せを感じられるよう、そういった関係を築いていかなければならないと感じた」と感想を伝えてくれました。

――大貫さんは性教育の活動を通して、子供たちに何を伝えていきますか。
自身の活動を通して子供たちに「安心感」を与えたいと話す

「安心」です。今の若者は性についての正しい情報を得られておらず、常に漠然とした不安感を抱えています。「妊娠したらどうしよう」「感染症になったらどうしよう」などと、何が不安なのかも分からないし、何ができていないから不安なのかも分かっていません。

でも、正確で具体的な情報や知識を持っていれば、そうした不安は払拭(ふっしょく)されます。「私の体はこういう仕組みだから、これは大丈夫で、これはだめ」といった具合にです。

自分の体の情報を把握できていて、自分の健康を自分で管理できていれば、とても安心感があります。そんなことを、一人でも多くの子供たちに伝えていければと考えています。

(板井海奈)

この連載の一覧