【内田良×江澤隆輔】変形労働時間制の危うさ

学校の働き方改革について、社会に向けて問題提起をし続けてきた内田良名古屋大学准教授と現場で数々の時短術を実践してきた江澤隆輔・福井県坂井市立春江東小学校教諭。学校の働き方改革の行方を語り合う対談(全3回)の第2回では、変形労働時間制の導入について、学校現場の問題点を浮き彫りにする。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)


エビデンスがない

――学校の働き方改革を巡る今後の動きとして、どういったことが論点となってくるのでしょうか。

内田 変形労働時間制は働き方によっては、とても合理的です。もし授業のない8月が本当に暇だったなら、その間にできるだけ多くの休みを取得して、学期中の残業分を消化するというのはあり得なくはない。でも、文科省の教員勤務実態調査は10月から11月限定の測定値です。つまり「教員は8月が暇である」かどうか、まだ調査されていない。新しい施策を打つためのエビデンスがないんです。エビデンスがないから何でもできるというところに欺瞞(ぎまん)を感じます。

 さらに、1年単位の変形労働時間制を普通の企業で実施しようとすれば、管理が非常に大変で、高度な時間管理の技術が必要です。でも、これまでの学校はそもそも時間管理さえしてきませんでした。煩雑な時間管理をちゃんと実行できるのか。

 いくつかの自治体では毎月の労働時間を調べているようで、それを見てみると8月も教員は残業しています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。