【北欧の教育最前線】教員不足にあえぐスウェーデン


スウェーデンは深刻な教員不足にあえいでいる。現職教員の高齢化と教職の不人気により、2035年には全国で8万人弱の教員が足りなくなると推計されている。資格を持った教員を雇えない自治体が続出し、教師不在のまま新学期を迎えた学校も多い。


大量退職時代の到来

スウェーデンでは慢性的に教員が不足している。今までも景気の浮沈に伴って過不足が生じていたが、現在の状況はこれまでに経験したことのない深刻さだ。中央統計局によると、2016年時点ですでに全国で約6万4700人の教員が不足していたが、今後10年間でさらに約4万5000人が定年退職を迎えるため、新規採用者と相殺しても2035年には約7万9000人が足りなくなる見込みだ。大学入学者の6人に1人にあたる約1万8000人を教員養成課程で受け入れているが、この数をさらに8000人増やさないと間に合わないペースだ。
地方格差

スウェーデンの教員は学校長と面談して採用される。公立学校の教員は、かつては国家公務員だったが、1990年代の分権化改革によって地方公務員に変更された。学校に雇われた市の職員という扱いになり、定期異動はない。

そのため、都市部で人気のある落ち着いた学校と、それ以外の学校とで採用に大きな隔たりが生じており、北部ヨックモック市などでは、資格を持った教員が雇えないという事態になっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。