【内田良×江澤隆輔】サスティナブルな学校へ


学校の働き方改革はどこを目指しているのか――。教員の長時間労働の問題を指摘してきた第一人者、内田良名古屋大学准教授と、部活動問題に取り組みつつ同僚と質の高い英語の指導カリキュラムを確立させてきた江澤隆輔・福井県坂井市立春江東小学校教諭による対談。最終回では、サスティナビリティー(持続可能性)をキーワードに、働き方改革によってどのような学校を目指すべきかを議論する。


部活動がきっかけで働き方の問題に気付いた

――お二人はどのようにして、教員の働き方のおかしさに気付いたのでしょうか。

江澤 以前勤めていた中学校ではソフトテニス部の顧問をしていて、放課後の練習に加えて朝、土日も練習するなど、今思えば大変な練習量をこなしていました。私自身、日本一になることを本気で目指していたのです。当時の部員は実力もあって、県内に敵なしと言われるくらいの技術を身に付けました。

当時は「ここを打たれたら、ここを打て」「こう来たら、こうしろ」と、全部がちがちに決めて指導していたのですが、ふと「これって全然違うな」と感じたんです。でも、県内では敵なしで、ブロック大会にも出場するなど好成績を残しました。

それにもかかわらず、卒業して高校に行くと、ほとんどの生徒がソフトテニスを辞めてしまいました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。