南極に行った先生 学校教員から「空の探検家」へ

「ほかの誰もがやらないことに挑戦したい」――。そう語る武田康男氏は、公立高校の地学教諭を25年にわたって務めたのちに、南極地域観測越冬隊に参加した人物だ。現在は「空の探検家」として、また大学教員、気象予報士、空の写真家として活躍している。

小中高生らへの講演のため精力的に全国を駆けめぐり、eラーニングなどさまざまな教材を開発する武田氏に、南極へ行くまでの経緯や、今後の学校教育の展望を聞いた。
きっかけは流れ星
――学校教員から南極観測隊員になるというのは、勇気ある決断だったのでは

中学生くらいの頃から私には4つの夢がありました。「地学教員になる」「南極へ行く」「本を出版する」「テレビ番組を制作する」という夢です。南極へは絶対に行くと決めていたので、迷いはありませんでした。
――南極へ行くと決めていた理由は。

極地にはすごい世界が広がっています。ゆらめくオーロラ、雪と氷の美しい世界、白夜と極夜、蜃気楼(しんきろう)やグリーンフラッシュ、極地の不思議な雲、南天の星空。南極でしか見ることのできない、清浄な空と手つかずの大地で起きる現象を、自分の目で見て確かめて、写真や映像に収めたいと願っていました。
――現在、写真家としても活躍され、20冊以上の本を出版されていますが、写真はいつ頃から。

父親が写真製版会社に勤めており、一眼レフカメラで撮影をしていたので、その影響があると思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。