【不登校とともに】そのままでいいんだよ


 文科省調査(※)によると、不登校児童生徒数は小中高すべての課程で増加している。そんな中、約8割の生徒が小中学校で不登校を経験している私立・立花高等学校(福岡県福岡市)の実践や教育方針が注目を集めている。2006年から校長を務める齋藤眞人校長は、「不登校の子供を変える」のではなく、「学校や社会が変わる」という視点で教育活動を行っている。「不登校の子供たちが安心して不登校のままでいられる学校でありたい」と話す齋藤校長に、立花高校の教育方針などについて聞いた。(全3回)


不登校に対する世間の見方が変わってきた

——立花高校は以前より「不登校生徒の自立を支援する」ことを前面に打ち出されています。教育機会確保法が2017年に施行されるなど、近年の「不登校」に対する変化をどう捉えていますか。

 不登校の子供たちのバックグラウンドも10年、15年前と比べると多様化し、変化していると思いますが、それ以上に「不登校」に対する世間の見方が大きく変わってきていると思います。良くも悪くも「不登校」という言葉や世界観が、市民権を得つつあると感じています。

 本校の教育方針ややっていることに対して、時代を先取りしてきたように言っていただくこともありますが、創立以来、方針は何も変わっていません。他の学校と何か違いがあるとすれば、子供に合わせて柔軟に変化していく姿勢が学校側にあるだけです。

 「不登校を解決する力」が本校に求められるとするならば、真逆の発想なのですが、「不登校の子供たちが安心して不登校のままでいられる学校」でありたいと思っています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。