「自由度の高い学校」 みんなゼロから出発できる



今から14年前、不登校経験者や高校中退者を救済するセーフティーネットとなるべく立ち上げられた宮城県東松島高校。県内初の三部制単位制高校で、制服、チャイムがなく、学年もない。開校してまもなく、中学校で100日以上欠席した生徒の約6割が通えるようになるという実績をあげた(編集部注・1年次で必要な単位を取得した割合)。立ち上げに深くかかわった初代校長・庄司賢三氏(現・名取市増田公民館長)に、その狙いを聞いた(全3回)。




どう方針を決めたか

――東松島高校は2005年に、矢本高校の校舎を使って開校したそうですね(最初の2年間は矢本高校と併存)。開校時から制服やチャイムがなく、情操教育に力を入れてきたと聞きます。こういった方針は、どのようにして決まったのでしょうか。

宮城県教育委員会の長期計画のなかで、この高校に課せられた課題は、徹底した単位制の学校を作って、高校中退者や不登校経験者をすくい上げて社会に送り出す、ということでした。

当時、高校中退者は全国で年間約1万7000人いて、宮城県でも毎年500人以上出ていました。県内だと、高校1校分くらいの人数です。そんなにも多くの若者たちが途中で挫折してしまうのを、何とかセーフティーネットとしてすくい上げたい、という狙いがありました。

中学のとき不登校だった子供たちも受け入れて再スタートさせよう、ということも大事な趣旨の一つでした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。