コーチングから垣間見える部活動の指導観


静岡聖光学院中学校・高校ラグビー部監督 佐々木 陽平



対極的なマレーシアと英国のコーチング

本校は今年3月、マレーシアの王立マレーカレッジが主催する7人制ラグビーの国際大会に参加した。5カ国から招待校が参加すると聞き、期待が膨らんだ。また、マレーカレッジには日本語を学ぶクラスがあり、その日本語の授業にも積極的に参加してきた。

環境は大変過酷で、40℃近い気温の中、1日3試合をこなす必要があった。参加したどのチームも能力が高く、よく訓練されていた。何より、ラグビーがこれほどマレーシアに根付いていることに大変驚いた。

この大会では、参加者は交通費のみを負担すればよく、滞在費は全て主催者が持つ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。