「自由度の高い学校」社会のルールが学校のルール


2005年、県内で初めての完全単位制高校としてスタートした宮城県東松島高等学校。
「自由度の高い学校」を作ることで、他の高校を中退した生徒や、中学で不登校だった生徒のセーフティーネットとなることを目指し、その狙いはみごと達成された。制服やチャイムがなく、演劇などの情操教育に力を入れたことなどが、同校の特色だ。初代校長・庄司賢三氏に話を聞く。


制服やチャイムはなし

――「自由度の高い学校」を作るため、校則は最初からなかったそうですね。

「社会のルールが学校のルール」ということを掲げていました。校則が全くないわけではないんですよ。例えばアルバイトをするときは届け出ないといけないし、18歳以上で、どうしても車で通学しないといけない生徒は登録するとか、そういうものはある。だけど、後はほとんど何も言いません。

また制服もありません。三部制で、生徒はいつ来てもいいし、いつ帰ってもいい学校だから、そもそも制服を決める意味がない。どんな髪色や髪型でも、どんな服装をしても構わない。ただ改まった場面、例えば入学式や卒業式はそれらしい服装をするようにと言います。すると生徒たちは気を遣ってスーツを借りてくるなどして、改まった服を着てきます。服装で唯一指定があったのは、体育館シューズだけです。
――おかしな格好で登校してくる生徒はいませんでしたか。

いないんですよ。高校に入って自由になった、というので最初は多少気合が入っていても、いつの間にかなんとなく、おとなしくなっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。