【不登校とともに】できていることを認め合う


不登校生の自立を支援している私立・立花高等学校(福岡県福岡市)。生徒一人一人の人格をありのまま認める教育指針は、教育関係のみならず、企業からも注目を浴びている。齋藤眞人校長は、在校生や卒業生の就業支援について「社会的自立にその子を導くのではなく、その子のできる自立に社会が寄っていくという発想で取り組んでいる」と話す。インタビューの最終回では、多様な子供たちが社会で輝きを放つために、大人や社会に持ってほしい視点、教育のモットーについて聞いた。(全3回)


その子のできる自立に社会が寄っていく

——在校生だけでなく、卒業生の就業支援にも力を入れているそうですが、具体的にはどのようなことをされているのでしょうか。

今日も午前中に卒業生が二人来て、教員に今後のことを相談していました。卒業してからも頼れる所としてうちを認識してくれているのはうれしいことですし、そうでありたいと思っています。

3年前に校舎を建て替えたときに、校内カフェをつくりました。卒業後、すぐに働くのが難しい卒業生をサポートするために、NPO法人をつくってカフェや校内清掃等で卒業生を雇用するなどしています。

こうした雇用支援も、世間からは「一般就労ができない子供たち」と見られがちです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。