「自由度の高い学校」心やさしい校歌

今年創立14年を迎える宮城県東松島高等学校は、校則を定める代わりに「社会のルールが学校のルール」を掲げ、情操教育に力を入れるなどの方針で、生徒たちの自己肯定感を高めてきた。中学で不登校だった生徒たちの多くが通う学校となった同校は、その後どのような課題に直面してきたのか。立ち上げに深くかかわった、初代校長・庄司賢三氏インタビューの最終回。


開校準備の壁

――他校では見られないような、新しい取り組みをたくさんされてきましたが、開校準備のなかで、壁にぶつかったことなどはありましたか。

私は教育委員会からの内示を受け、2003年に矢本高校に校長として赴任しました。1年目は一人で新しい学校の構想を練っていましたが、2年目に新高校の開設準備室ができ、私の負担は減りました。このメンバーは大変優秀で、山村さん(教頭)と2人の教員、ときどき私も加わって構想を練り上げ、さらにアイデアをたくさん盛り込んでいきました。

この過程で新しい構想を教育委員会にもっていくと、「それは前例がない」と却下されることがたびたびありました。しかし前例がない学校を立ち上げるのですから、私たちも頑張りました。そのうち、教育委員会も「こういう学校もそろそろ必要なんですね」とわかってくれて、予算をつけてもらいました。

基本構想がまとまり、カリキュラムや校名、校章、校歌なども完成し、いよいよ東松島高校が開校したのは、3年目の2005年です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。