【北欧の教育最前線】一人一人が「グレタさん」


北欧の若者のパワーが熱い。スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさんが国連でスピーチをして注目を集めているが、北欧では子供や若者が社会に意見を申し立てることは、日常茶飯事だ。むしろ奨励されている。デンマークの生徒会の活動を取り上げて、社会に物申す若者たちの様子を伝える。


授業をもっと面白く! 教員に研修を!

最初に、生徒会による提言を2つ紹介しよう。

デンマークでは若者の理科離れが問題になっているが、生徒たちに言わせれば、それは当然の帰結である。理科の授業は多くの生徒にとって「古びた物理室とコピー用紙」というイメージだからだ。同時に、自然科学は重要な分野であることを認める。

彼らの解決策は、「授業をより現実世界に結び付け、エキサイティングなものにすること」である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。