【仮想の学校】大人に憧れる子供を育む


石川県に面白い学校がある。仮想の学校「平和町高校」。国公私立や学力差、年齢差などの垣根を越えて、県内中心に各地から教員や生徒らが集まり、教科横断型、地域連携、産学連携による学習を展開している。発起人は、元高校教師で学校・教員コンサルタントの前田健志氏。アクティブラーニングの手法を取り入れ、5教科横断で理想のコンビニについて考えるなど、ユニークな授業を展開する同校の取り組みを中心に、前田氏に話を聞いた。(全3回)


元教師が開校した仮想の学校

――前田先生は現在、コンサルタントとして教育現場に携わっているんですよね。

香川県の私立高校で教職人生をスタートさせ、13年目の今年3月、教員を退職しました。4月には、「楽しい学校・教員コンサルタントsecond」を立ち上げ、先生たちの色んな「やりたい」を引き出して実現したり、楽しく実践的な学びのつくり方についてアドバイスや研修・講演を全国の学校や教育関係者にしたりしています。

また、学校の垣根を越えた「楽しく有機的で実践的な学び」の企画・コーディネートにも力を入れています。今年3月には学校や教科の枠を超えて教員や生徒が集う仮想の学校「平和町高校」を開校し、金沢市平和町の地域を巻き込んだ活動を展開しています。
――仮想の学校とは面白いですね。

平和町高校は、県内を中心に有志の教員・教育関係者と生徒が集まる仮想の学校です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。