神戸市「教員いじめ」は氷山の一角か


神戸市立小学校で教員による男性教諭へのいじめ・暴力が発覚し、全国で驚きの声が広がっている。一方、現場教員らからは「程度の差はあるが、特異な出来事ではない」との声も聞こえてくる。実態は果たしてどうなのか――。

本特集では、弊紙電子版「Edubate」の読者投票の結果や幅広い関係者への取材を通じ、職員室の現状と、事件の背景に潜む本質的な課題に迫る。


8割が被害を受けたり、見聞きしたりしている

10月10日に弊紙電子版「Edubate」の読者投票で、「教員同士のいじめやハラスメント行為を見聞きしたり、実際に被害を受けたりした経験は?」と尋ねたところ、350人の投票があった。そのうち「どちらもない」との回答は2割にとどまり、多くの学校で教員同士のいじめなどが起きている現状が浮き彫りとなった。

自身が被害を受けたとする回答は、半数を超える55%に上り、具体的な被害内容を伝えるコメントも多数寄せられた。

中には、「『アホ』『クズ』『使えない』などの暴言を吐かれるなどのパワハラを1年間受け続けた」上に、「(それらは)まだ甘い方で、さらに悲惨なパワハラを受けた教諭が数名いる」「机の上に置いてあった本が破られるなど、からかいの域を逸脱している行為が度々あった」など、看過できないものもあった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。