【地理教育の未来地図】模索を続ける国際地理五輪


日本の地理教育はガラパゴス化している――。今年8月に香港で開かれた第16回国際地理オリンピック(地理五輪)で銅メダル1個の獲得にとどまった日本代表の高校生は、成果報告で文科省を訪れた際、記者団にこう語った。日本の地理教育はなぜ世界から後れを取ってしまったのか。地理五輪で日本代表チームを引率する、神奈川県平塚市立金目中学校の大谷誠一総括教諭への取材を通じ、日本における地理教育の現在地をひもとく(全2回)。


フィールドワーク重視の国際地理オリンピック

地理五輪は国際数学オリンピックなどと並ぶ、国際科学オリンピックの一つ。第1回大会はオランダのハーグで開かれ、今年で16回目を迎える。過去には京都市で第10回大会が開かれたこともある。第16回香港大会では、44の国と地域から166人の高校生が参加する中、日本は4人の代表選手が挑み、2年連続で出場した中尾俊介さん(洛星高校3年生)が悲願の銅メダルに輝いた。

そんな地理五輪には、他の国際科学オリンピックにはない特色がいくつかある。

一つは、出題も解答も英語という点だ。他の国際科学オリンピックでは、日本代表の選手らには日本語に翻訳された問題が出題される。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。