【各国の消費者教育】未来のための料理「持続可能なピザ」を考える


(公財)消費者教育支援センター専務理事・首席主任研究員 柿野 成美





北欧第2弾として、2回にわたり、スウェーデンの消費者教育をご紹介します。
SDGs―持続可能な消費への関心の高まり

フィンランドと同様、スウェーデンにおいても、北欧閣僚協議会の「消費者教育戦略」を踏まえて消費者教育が進められてきました。その中心テーマは、「持続可能な消費」と「メディアと技術リテラシー」。消費者庁のWEBサイトには、2017年に教員を対象に実施した、環境に配慮した持続可能な消費についてのアンケート結果が掲載されています。

アンケート調査結果は、7~9年生の義務教育学校と高等学校で、家庭科、自然科学、社会科、地理を担当する教員900人を対象としたものでしたが、その当時「授業の中でほぼ半数がSDGsを活用している」という結果が目立っていました。今から2年前の調査結果ですが、全国の先生方と研修などでお会いしている筆者の感覚からすると、日本とは状況がかなり異なっているようです。
家庭科「健康・経済・環境と消費者知識」

筆者は16年、ストックホルム市街から近いリディンゲ島にある公立小学校に訪問し、小学校の家庭科の授業を見学しました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。