【けテぶれ革命】宿題で自己学習のサイクルを回す


なぜ学校は宿題を出すのか――。誰もが一度は抱く「学校の当たり前」に対する疑問。それに真正面から向き合い、パラダイムシフトを起こした教師がいる。兵庫県西宮市立夙川(しゅくがわ)小学校の葛原祥太教諭は、子供が宿題を通じて自ら学ぶ力を身に付けるシステム「けテぶれ」を編み出し、著書『「けテぶれ」宿題革命!』(学陽書房)がベストセラーになるなど注目を集めている。どのようにして「けテぶれ」は生まれたのか。葛原教諭の実践に迫った(全3回)。


分からないものは分けると分かる

――今、「けテぶれ」が教育界に旋風を巻き起こしています。改めて「けテぶれ」とは、どのようなものなのでしょうか。

簡単に言えば、自己改善サイクルの考え方を子供に分かりやすく示したものです。思考活動はインプットとアウトプットに分けられます。「学ぶ」と「考える」と捉えてもいいかもしれません。このインプット、すなわち「学ぶ」を担っているのが「けテぶれ」です。

私は「学ぶこと」を「自分の外側にある知識や技能を自分の内側に定着させる行為」と定義しています。でも、その定義を子供にそのまま言っても分かりません。だから分かりやすく伝えるために、分けてみたのです。分からないものは分けると分かります。

実際に分けてみると「計画」「テスト」「分析」「練習」の4つの要素が出てきました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。