【地理教育の未来地図】実践! フィールドワーク


国際地理オリンピック(地理五輪)で苦戦を強いられ、世界から後れを取っている日本の地理教育。そうした状況の中、地理五輪の日本代表チームを引率する神奈川県平塚市立金目中学校の大谷誠一総括教諭は、授業にフィールドワークを取り入れ、地図の作製を通じて生徒が地域の課題解決策を提案する実践を行っている。一方、地理教育が置かれた現状には、課題もある。新学習指導要領の完全実施を前に、転換点に立つ地理教育の実情に迫る。


新学習指導要領が鍵に

「身近な地域の様子を観察して、調査して、地図に描いて発表する。そういう活動を小学校ではやっているのに、中学校や高校では続かない。特に高校では大学入試に対応した『受験地理』ばかり。世界ではフィールドワークが主流になっているというのに…」

大谷教諭は、地理教育が置かれている現状をこのように嘆く。「地理は暗記科目」という中学校や高校における現場の意識。これが変わらなければ、日本はいつまでもガラパゴス化から脱出できないと指摘する。

鍵を握るのが新学習指導要領だ。2022年度から年次進行で実施される高校では、地理歴史科の必履修科目として2単位の「地理総合」が新設された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。