【けテぶれ革命】子供が自ら学びを紡ぎ出す


「計画」「テスト」「分析」「練習」のサイクルを回しながら、子供が自ら学んでいく「けテぶれ」。この学習システムを提唱した葛原祥太・兵庫県西宮市立夙川(しゅくがわ)小学校教諭の実践は、これだけにとどまらない。次々生み出される実践は進化し続けており、現在担任する6年生のクラスでは、宿題としての「けテぶれ」はほとんどやらなくなったという。その狙いはどこにあるのか、インタビューを通じて実践の核心に迫る。


アウトプットを担う「NKS」

――前回、思考活動のインプットを担っているのが「けテぶれ」とのことでしたが、アウトプットを担っている何かがあるのでしょうか。

インプットを担う「けテぶれ」に対し、アウトプットをつかさどる活動として「NKS」があります。「けテぶれ」が「自分の外側にある知識を自分の内側に定着させる行為」であるのに対して、「NKS」は「自分の内側にある知識や技能を自分の外側に再構築する行為」であると定義しています。これを「けテぶれ」と同じように要素に分けると「抜き出し」(N)、「組み立て」(K)、「整理する」(S)の3つに整理できます。

新学習指導要領に当てはめると「知識・技能」を身に付ける行為が「けテぶれ」で、「思考・判断・表現」する行為が「NKS」だと言えます。「思考・判断・表現」の学習活動で、子供がどうすればいいか分からなくなったときに、「NKS」は自分の考えをまとめるための道しるべとなります。

「抜き出し」は、そのテーマについて関連する情報を頭から出していくことです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。