英語民間試験 延期を受けて

突如として発表され困惑が広がる、大学入学共通テストにおける英語民間試験の導入延期。渦中の高校生や現場の教員はどのような心境で受け止めているのだろうか。全国高等学校長協会(全高長)の萩原聡会長に話を聞いた。


――延期の発表をどのように受け止めているか。

全高長では、延期が発表された11月1日にコメントを発表した。まずわれわれが9月10日に文科省に提出した要望書の趣旨を理解いただて、ありがたく感じている。今後については、経済格差や地域格差の解消や公平性・公正性の確保などの課題解決に向けて、制度の抜本的な見直しをお願いしたい。

もちろん全高長としても、課題解決に向けて文科省や大学入試センターと協力して取り組んでいきたいと考えている。
――延期の発表を聞いたとき、率直にどう感じたか。

文科省が延期を発表した11月1日は、福井県で全国普通科高校長会総会・研究協議会の2日目、真っただ中だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。