【北欧の教育最前線】教育犬やペットのいる教室

学校はストレスの多い場所だ。これには、宿題を減らしたり、補助教員を増やしたりしても仕方がない。必要なのはペットだ。ペットは人に安らぎを与え、穏やかな気持ちにしてくれる――。このような理由から、スウェーデンではペットを飼っている教室を見ることがある。教室に動物がいることで、子供たちが学習に集中し、モチベーションや自己肯定感が高まると期待されている。




動物の効用

アニマル・セラピーは医療や福祉、介護の分野で取り入れられてきたが、教育現場での有効性も主張されている。職場にペットを連れてくる大人がいるように、学校にもペットが必要だと考える人もいる。教室に動物がいるメリットは、ストレスを軽減させ落ち着いて学習に向かえるようになるなどの精神的な効用と、動物を題材に学習を進めるときの教育的な効用とがある。

5年生から9年生(日本の中学3年生に相当)の子供たちが通うステーゲフス・ヴァルドルフ基礎学校では、1977年の設立当初から馬、豚、ニワトリ、羊を飼っている。この学校には、ADHDやアスペルガー症候群と診断された生徒が多く通っている。ある生徒は、機嫌が悪かったり、悲しい思いをしたりしたときに羊に会いに行くという。餌をやり、なでてやることで、羊の気持ちを感じられるという。

この学校では、教室で犬も飼っている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。