【ボトムアップ理論】 提唱者が描くこれからの部活動

人間力の育成を掲げ、選手が主体となってチームづくりをする「ボトムアップ理論」が、部活動だけでなく企業経営者からも注目を集めている。この理論を提唱し、ごく普通の県立高校サッカー部を全国大会常連校に育て上げた畑喜美夫ボトムアップパーソンズ協会代表理事は今年、高校教員を退職し、民間企業で人財育成を行う責任者に転身した。そんな畑氏に部活動のあるべき姿を聞いた。


選手の主体性を引き出す「ボトムアップ理論」
――「ボトムアップ理論」が、部活動関係者をはじめ、企業などからも注目を集めています。

これまで、サッカーをはじめ日本のスポーツ指導は上意下達、つまり指導者が技術面や戦略、目標などの全てを設定し、選手に命令や指示を出すトップダウン型が主流でした。「ボトムアップ理論」は選手を主役にし、目標設定や練習メニュー、チーム運営などの全てを任せ、指導者は選手の可能性を引き出すファシリテーター役に徹します。指導者は技術的な指導をする場面も、指示を出す場面もほとんどありません。また、練習はおのずと量より質を重視するようになり、時間や回数も少なくなります。

ボトムアップ理論を提唱した畑氏

この理論は、部活動だけでなく、学校教育のさまざまな活動で展開できます。さらに今では、多くの民間企業でも採り入れられるようになっています。

――「ボトムアップ理論」を実践する際のポイントは何ですか。

この理論を実践しようとして、最初のうちは失敗する人も多いと思います。でも、それで構いません。いろんなチャレンジと失敗を繰り返す人の方が、最終的には優れたリーダーになると私は確信しています。チャレンジしなければ失敗も成功もないわけですから、失敗は成功へのヒントだと思って、何度もトライ&エラーをする。そういう姿を教師が生徒に見せることで、生徒の意識も変わっていきます。1を100に増やすよりも、0を1にする方がはるかに難しい。勇気を持って最初の一歩を踏み出すことが大切なのです。

元サッカー日本代表が女子バレー部の顧問に
――ご自身は、その最初の一歩をどう踏み出したのですか。

ボトムアップの考え方は、広島大河フットボールクラブで私にサッカーを教えてくれた浜本敏勝さんの影響が大きいですね。浜本さんの教えに加え、個々の主体性を大事にしていた順天堂大学サッカー部での経験もあったので、この指導法が正解だと確信することができました。

私が最初に赴任したのは、広島県立廿日市西高校でした。私自身、サッカーでは日本代表のU-17・U-20の代表として日の丸を背負ったこともあったのですが、なんと最初に受け持った部活動は女子バレー部。その次は男子バスケットボール部、最後は卓球部で、廿日市西高校では結局、サッカー部の顧問になることはありませんでした。

畑氏は勝利至上主義の日本のスポーツ界に警鐘を鳴らす

保健体育の教員なので、サッカー以外の競技についても一応はルールや基本的な動作は押さえていますが、実技の面は部員の方がうまいわけです。そこで、顧問としては組織づくりだけをやって、メンバー選考やトレーニングなどは全て部員に任せてみました。すると、女子バレー部は県でベスト8の常連になりました。その結果だけみれば、教師の指導が優れていたように見えるかもしれませんが、実際には私が教えたというよりも、私が生徒たちからさまざまなものを教わっていたのです。

もし、最初からサッカー部の顧問だったら、今の自分はなかったと思います。つい力が入って、技術をはじめ何から何まで教え込む指導をしていたかもしれません。廿日市西高校での6年間は、私の教師人生にとって本当に貴重な6年間でした。

部活動は勝利至上主義からの脱却を
――経験がない競技の部活動顧問をすることに負担を感じている教師もいると聞きますが、部活動顧問に求められるのは、競技の専門性ではないのかもしれませんね。

「ボトムアップ理論」は、サッカーだけでなく、あらゆるスポーツはもちろん、スポーツ以外の領域でも活用できます。もし、部活動の顧問がチームづくりだけに専念できるようになれば、顧問にかかる負担も減るし、部活動は勝利至上主義から脱却できるでしょう。スポーツ庁のガイドラインで活動時間の上限が設定されましたが、「ボトムアップ理論」で子供の成長に軸足を置けば、長時間の技術練習はしなくてもよくなるはずです。

――そうは言っても、現実には大会があり、勝ち続けて上を目指す構造がありますよね。

私自身、広島観音高校で監督をしていたときには日本一になりました。でも、重要なのはそこまでのプロセスです。同じ日本一になるチームでも、勝つことだけをやってきたところと、人間性を育てることを主眼にしてやってきたところでは、意味が全然違います。

小学校から高校までの段階では、トップを決めるような大会は廃止していいと私は考えています。大会をやるとしても地域レベルにとどめ、勝ち負けではなく明確なテーマを設定してやるべきです。現状では、フィジカルで優位な子供が選手に選ばれ、彼らを中心に勝つためのチームがつくられます。それでは、その中からさらに競争が繰り返され、多くの選手が途中で脱落し、たった一握りしかトップに残れません。このような状況は、トップ選手育成の観点からも疑問です。

――部活動改革が叫ばれていますが、今でも長時間練習や行き過ぎた指導など、多くの問題をはらんでいます。

私は、スポーツ庁のガイドラインの議論にも関わってきましたが、今でも日本は勝利至上主義が強いですから、そういう指導者が意識を変えるか一掃されないと、状況は変わらないでしょう。あるいは、今の子供たちがガイドラインの理念に基づいた部活動を経験し、教師になって部活動を教えるようになるくらいまで時間がかかると思います。

畑氏の著書『チームスポーツに学ぶボトムアップ理論』(カンゼン)

私は、体罰や暴力は「言葉の貧困」なのだと捉えています。人を動かす言葉を知っていれば、こうした問題は起こらないはずです。指導者が選手に対して、怒るのではなく諭せるかどうか。そして、それを適切なタイミングでできるかどうか。そういうやり方を知っておくことが、これからとても大切になります。

勝利至上主義に基づく指導は、勝っている間はいいけれど、負け始めると途端にうまくいかなくなります。そうなったとき、どう組織を組み立て直すか。その力こそ、本来身に付けなければならない力なのです。

――今年7月で教師を退職し、民間企業に転職したそうですが、新しい舞台でどのような挑戦を始めているのですか。

8月にYou Homeという地元の不動産会社に就職し、社長直属の人財育成・組織構築部で責任者になりました。現在は、会社が所有するさまざまな店舗や職場で「ボトムアップ理論」に基づく組織づくりを広めています。

また、私が代表を務めるボトムアップパーソンズ協会の活動も続けています。今は法人会員が約80社、個人会員が約100人いて、年に数回、さまざまな研修会を実施しています。協会の活動は、スポーツによる子供たちの人間性の育成、企業の人財育成支援、そして地域貢献の3つの柱を掲げています。

広島が活動の拠点ということもあり、今後は「平和」をキーワードにしていきたいとの思いもあります。トップダウンの究極の状態は戦争です。そして、スポーツは本来、国同士の戦争を起こさないために編み出された人類の知恵なのです。スポーツを通じてボトムアップで人が育ち、地域が多様で豊かになれば、平和な社会がつくれると思います。


【プロフィール】

畑喜美夫(はた・きみお) (一社)ボトムアップパーソンズ協会代表理事、㈱You Home人財育成・組織構築部代表。1997年に赴任した広島県立広島観音高校サッカー部でボトムアップ理論に基づくチームづくりを実践し、06年に全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で初出場・初優勝を飾る。今年7月、広島県立高陽高校を退職。企業の人財育成や組織開発に活動の舞台を移した。著書に『まんがでみるボトムアップ理論』(ザメディアジョン)、『チームスポーツに学ぶボトムアップ理論』(カンゼン)、『図解ボトムアップ理論』(ザメディアジョン)など。

あなたへのお薦め

 
特集