【ボトムアップ理論】 提唱者が描くこれからの部活動

人間力の育成を掲げ、選手が主体となってチームづくりをする「ボトムアップ理論」が、部活動だけでなく企業経営者からも注目を集めている。この理論を提唱し、ごく普通の県立高校サッカー部を全国大会常連校に育て上げた畑喜美夫ボトムアップパーソンズ協会代表理事は今年、高校教員を退職し、民間企業で人財育成を行う責任者に転身した。そんな畑氏に部活動のあるべき姿を聞いた。




選手の主体性を引き出す「ボトムアップ理論」

――「ボトムアップ理論」が、部活動関係者をはじめ、企業などからも注目を集めています。

これまで、サッカーをはじめ日本のスポーツ指導は上意下達、つまり指導者が技術面や戦略、目標などの全てを設定し、選手に命令や指示を出すトップダウン型が主流でした。「ボトムアップ理論」は選手を主役にし、目標設定や練習メニュー、チーム運営などの全てを任せ、指導者は選手の可能性を引き出すファシリテーター役に徹します。指導者は技術的な指導をする場面も、指示を出す場面もほとんどありません。また、練習はおのずと量より質を重視するようになり、時間や回数も少なくなります。

この理論は、部活動だけでなく、学校教育のさまざまな活動で展開できます。さらに今では、多くの民間企業でも採り入れられるようになっています。
――「ボトムアップ理論」を実践する際のポイントは何ですか。

この理論を実践しようとして、最初のうちは失敗する人も多いと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。