【保育所等訪問支援】発達障害の専門家が学校で支援

1クラスに2~3人はいると推計される、発達障害のある子供たち。その対応を巡っては「教室で勉強ができるだろうか」という保護者の不安と、「どう対応していいか分からない」という教員の戸惑いが錯綜(さくそう)している。そんな中、大きな期待を寄せられている制度が、厚労省が「インクルージョン推進の『1丁目1番地』」と位置付ける「保育所等訪問支援」だ。発達障害などの専門スタッフが、保護者の要望に応じて学校や保育所などを訪問し、環境づくりや指導の仕方をサポートする。そんな「保育所等訪問支援」の現場を取材した。


トライアングルで子供を支援する

保育所等訪問支援は、2012年の児童福祉法改正で創設された新しいサービスで、児童発達支援や放課後等デイサービスと並ぶ「障害児通所支援」の類型の一つ。

発達障害のある子供の課題は、保育所や学校などの集団場面で見つかることが多く、支援の困難さが保育士や教員を疲弊させている現状がある。一方で、保護者は十分な対応がなされていない状況にもどかしさを感じており、両者の間にあつれきが生じてしまうケースは多い。

こうした問題を解決するため、発達障害などの専門スタッフが学校や保育所など集団生活の場に入り、その子にとって居心地の良い環境を提供することを目指すのが保育所等訪問支援だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。