【教育とリーダーシップ】主体性が育たない日本の組織

生徒にリーダーシップを求めている教師自身が、学校という組織の中でリーダーシップを発揮できているのだろうか――。リーダーシップ開発の専門家である中原淳立教大学教授と、「ボトムアップ理論」を提唱した畑喜美夫ボトムアップパーソンズ協会代表との対談(全3回)。第2回では、学校に視点を移し、教師に求められるリーダーシップについて徹底討論した。

この特集の一覧

教師は「手放せない」
――リーダーシップを子供にどう身に付けさせるかと同時に、教師自身も学校という組織の中でリーダーシップを発揮することが求められています。

中原 「リーダーは欲しい」と言いながらリードさせない組織には、リーダーもリーダーシップも生まれません。それらが欲しいならば、若い頃から、人をリードする経験、リードしていく他者にフォロワーシップを発揮する経験を持つことです。

 それは子供についても同じですか。

教員養成の在り方に疑問を呈する中原教授

中原 同じです。子供にリーダーシップを学ばせたかったら、子供にリードさせて、振り返ることです。教師が一時的に、子供に物事の意志決定を行うイニシアチブを「手放し」て、あとは「見守ること」です。安心して一歩踏み込むことができることを「心理的安全性」と言いますが、教師は、これを確保するといっても過言ではありせん。

でも、自戒を込めて申し上げますが、教師は「手放すこと」が苦手な人種だと思います。「手放すこと」に慣れていないので、「100%かまってしまう」か「100%手放すか」の二分法に陥りやすいです。自分が子供をリードするか、ないしは、子供にリードさせてあとは、放置してしまう。

重要なのは、「手放し」ても「見守る」ことです。

 確かにそれは、学校現場で感じますね。でも、こういうリーダーシップの学ばせ方などは、学校の内部はおろか、教員養成では学びませんね。学校に入っても、何も学ばずにいる教師は多いですよ。

中原 そうでしょうね。重要なことが学べていません。今の教師教育のプロセスは、再設計や見直しが必要だと思います。職業に関する研究者の観点からいうと、教師が仕事をしていく上で、本当に必要なスキルや知識を十分教えられていないと思います。教員養成機関、教育委員会を含めて見直しが必要です。

 具体的には何ですか。

中原 リーダーシップの教え方や子供へのコーチングやフィードバックの仕方。学校が組織であること。組織の中で、チームでいかに働き、いかなるフォロワーシップを発揮していけばいいのか、ということ。保護者対応とはどのようなもので、どのようにチームで当たればいいのか、ということ。部活動やクラブ活動の指導法。対応に困難を有する子供への対処。スクールロー。長時間労働を避けるための仕事上の工夫、ICTを活用した仕事の進め方、ドキュメントの作り方などです。

仕事の現場に入ったら、すぐに必要になる大事なことを教えていません。部活動の指導も教職課程で教えていますか。

 全然教えませんね。

高校、大学、企業、さまざまな日本の組織が人材育成の欠陥を抱えている

中原 そうですよね。それなのに、中学校や高校の主要な教育活動の根幹に部活動はあります。本当に大切なことが意外と抜けているじゃないかと。

 私の指導は、サッカーの実技よりも、マネジメントを重視しています。その方が、人間的な成長も望めるし、何より子供たちが探究していくんです。私はJリーガーを13人育てましたが、彼らに共通しているのはトライ&エラーをたくさん繰り返したことです。

県立高校が、全国から有力選手をスカウトしてくる私立高校と渡り合っていくためには、技術で勝負しても無理です。個々の選手が自分のパフォーマンスを発揮すると同時に、チームメイトの力を最大限に引き出すことが求められます。

つまり、足し算ではなく掛け算の発想が必要なのです。一番下手な選手も前進できるような組織づくりをやらなければならないと思います。

チームワーキングの5つの視点

中原 私の勤める立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラムには「データアナリティクスラボ」という組織があり、学生一人一人について、入学してから卒業後に社会に出てどのような活躍をしているかまで、さまざまなデータをトレースできるようにしています。入学してから伸びる学生というのは、おしなべて明確な目的意識を持っています。

また、社会に出てから重要になるのは偏差値の高さではなく、人とコミュニケーションを取りながら目標に向かって行動する力や貢献する力です。高校の部活動や委員会活動などは、社会で求められる力と連続性があると私は思っています。本当は、大学入試でもそういう部分を見ていく必要があるんですよね。

 私も企業の経営者から同じような話を耳にします。会社に就職すれば、いろんな部署に配属されることになりますが、希望していた部署でないと「私はこのためにこの会社に来たのではない」と平気で言う社員が増えているそうです。

こだわりがあるのはいいことなのかもしれませんが、企業としてはいろんな部署でいろんな仕事を経験していく中で、どの部署でも共通する考え方や応用力を身に付けて、組織に貢献してほしいわけですよね。

中原 チームワークというのはとても難しくて、私はチームワーキング(Teamworking)だと思っているんです。

1つ目は、チーム全体が今、どういう状況なのかを見ること。2つ目は、その状況を見極めて自分が何をしなければいけないかを決めること。3つ目は、チームの状況に対して、仲間が何をしているかを見ること。4つ目は、仲間と自分の仕事の間にどういうつながりがあるかを見ること。そして5つ目は、それを踏まえて、自分たちがどう前に進むべきか、バードビューを持って考えることです。

――そうしたバードビューを持つことが一番難しい組織が、学校なのではないでしょうか。
生徒から主体的に学校を変えていくことの重要性を強調する畑氏

 生徒以上に教師がそうでしょうね。学校によって違うかもしれませんが、「今年は国公立大学に何人入った」という実績さえ達成できていればいいという価値観が、その典型だと思います。個々の教師を見ても、自分の授業や部活動のことだけを考えていて、学校全体のことを考える視点がありません。

そうした中、私たちサッカー部がやってきたのは「学校を変えよう」を合言葉に、あいさつや掃除、整理整頓などすぐにできることを意識的にやって、他の部活動や生徒会も巻き込みながら、生徒を主体の「ボトムアップ」で学校を変えていくことです。生徒が変わっていく姿を目の当たりにすると、教師の意識も変わっていきます。

中原 教科のことだけを教えるのではなくて、学校の中にいかにチームを作って、その組織を前に動かすことを経験させなければいけないと思うのですが、高校はどうしても「たこつぼ」ですよね。そしてもう一つ納得いかないのは、さっき指摘された「今年は国公立大学に何人入った」という意味不明な基準です。

私は、大学教員として、職業にまつわる研究者として、教育課程の「後工程」にいる立場ですが、大学や社会でリーダーシップを発揮し、幸せな職業生活を送れることと、偏差値などは、ほぼ無関係と言ってよいと思います。

学歴は、初職の企業規模しか決めません。その後の職業生活が幸せかと、国立大学何人は、別の話なのです。

(藤井孝良)


【プロフィール】

中原淳(なかはら・じゅん) 立教大学教授。企業の人材開発・リーダーシップ開発を研究する傍ら、横浜市教育委員会とサーベイフィードバックに基づく教員の働き方改革の共同研究プロジェクトにも取り組む。主な著書に『働く大人のための「学び」の教科書』(かんき出版)、『残業学』(光文社新書)、『データから考える教師の働き方入門』(毎日新聞出版、監修)など多数。

畑喜美夫(はた・きみお) (一社)ボトムアップパーソンズ協会代表理事、㈱You Home人財育成・組織構築部代表。1997年に赴任した広島県立広島観音高校サッカー部でボトムアップ理論に基づくチームづくりを実践し、06年に全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で初出場・初優勝を飾る。今年7月、広島県立高陽高校を退職。企業の人財育成や組織開発に活動の舞台を移した。著書に『まんがでみるボトムアップ理論』(ザメディアジョン)、『チームスポーツに学ぶボトムアップ理論』(カンゼン)、『図解ボトムアップ理論』(ザメディアジョン)など。

この特集の一覧