【教育とリーダーシップ】組織づくりは実践から学べ


働き方改革、日々の教育活動、保護者対応など、学校が抱えるさまざまな課題に、教師はどう立ち向かっていけばよいのか。こうした諸課題の解決に組織づくりの観点から関わってきた、中原淳・立教大学教授と畑喜美夫・ボトムアップパーソンズ協会代表による対談(全3回)。最終回では、学校をより輝く職場に生まれ変わらせるための視点が提示された。
この特集の一覧
教育とリーダーシップ


従業員満足度は顧客満足度に結び付く

中原 日本の企業では、管理職になってからチームの動かし方やリーダーシップを学びますが、それではあまりに遅すぎます。

 それは学校も同じです。教頭や校長になるならば、チームづくりに精通していなければいけないはずですが、管理職になってから学ぶ人が大半で、管理職になってからも知らない人はたくさんいます。

私がある学校に赴任したときには、校長から「ここではボトムアップではなくトップダウンだから」とはっきり言われたこともありました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。