詳報 OECD生徒の学習到達度調査(PISA)2018

経済協力開発機構(OECD)による生徒の学習到達度調査(PISA)2018で、日本は科学的リテラシーと数学的リテラシーで世界トップクラスを維持したものの、読解力では国別順位や平均得点が15年の前回調査と比べて低下した。国立教育政策研究所がまとめたPISA2018の報告書から、日本の特徴と課題を探る。
1. コンピューターの使用を想定した問題
PISAは義務教育終了段階の15歳の生徒が持っている知識や技能を、実生活のさまざまな場面で直面する課題にどの程度活用できるかを測定する調査で、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野について、2000年以降3年おきに実施している。調査ごとに3分野のうち1分野を中心分野に据えて、重点的に分析を行っている。今回の調査の中心分野は読解力だった。

15年調査からPISAではコンピューターを使用する形式に移行し、今回の調査では、長文の課題文をスクロールして読んだり、キーボードで文章を入力したり、マウスによるドラッグ&ドロップ操作で画面上の選択肢を動かして解答したりするといった、コンピューターの特性を生かした問題が出題された。

今回の調査は79カ国・地域から約60万人が参加。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。