詳報 OECD生徒の学習到達度調査(PISA)2018

経済協力開発機構(OECD)による生徒の学習到達度調査(PISA)2018で、日本は科学的リテラシーと数学的リテラシーで世界トップクラスを維持したものの、読解力では国別順位や平均得点が15年の前回調査と比べて低下した。国立教育政策研究所がまとめたPISA2018の報告書から、日本の特徴と課題を探る。


1. コンピューターの使用を想定した問題

PISAは義務教育終了段階の15歳の生徒が持っている知識や技能を、実生活のさまざまな場面で直面する課題にどの程度活用できるかを測定する調査で、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野について、2000年以降3年おきに実施している。調査ごとに3分野のうち1分野を中心分野に据えて、重点的に分析を行っている。今回の調査の中心分野は読解力だった。

15年調査からPISAではコンピューターを使用する形式に移行し、今回の調査では、長文の課題文をスクロールして読んだり、キーボードで文章を入力したり、マウスによるドラッグ&ドロップ操作で画面上の選択肢を動かして解答したりするといった、コンピューターの特性を生かした問題が出題された。

公開されている読解力の問題で、自由記述で解答する形式のもの

今回の調査は79カ国・地域から約60万人が参加。日本では18年6~8月に、高校1年生を対象に全国から抽出した183校で実施。約6100人の生徒が調査に参加した。生徒は各分野の問題の組み合わせによって36種類の問題フォームのうち1種類について、2時間で解答する。また、合わせて質問紙調査にも回答する。

なお、PISAの調査問題は長期間使用して得点の経年変化を見るため、中心分野の一部を除き問題は非公開となっている。

2. 加盟国中1位となった数学的リテラシー

数学的リテラシーは①変化と関係②空間と形③量④不確実性とデータ――の4領域から出題された。小問70題のうち、選択肢問題が16題、複合的選択肢問題が14題、答えがある部分に含まれる「求答」の問題が1題、答えを求めるのに計算が必要な「短答」の問題が23題、自由記述の問題が16題を占めた。

小問の正答率を領域別にみると、①はOECD平均が45%なのに対し、日本が51%、②はOECD平均が34%なのに対し日本が47%、③はOECD平均が55%なのに対し日本は60%、④はOECD平均が47%なのに対し、日本が53%だった。日本の正答率がOECD平均より10ポイント以上上回っている問題は23題あった一方、10ポイント以上下回った問題は4題あった。また、日本の無答率は7%で、OECD平均の6%を上回った。

7段階の習熟度レベル別の生徒の割合をみると、OECD平均はレベル6以上が2%、レベル5が9%、レベル4が19%、レベル3が24%、レベル2が22%、レベル1が15%、レベル1未満が9%なのに対し、日本はそれぞれ4%、14%、25%、26%、19%、9%、3%で、レベル1以下の低得点層が少なく、レベル5以上の高得点層が多い傾向にある。

レベル5以上に属している生徒の割合は男子の方が多く、OECD平均は男子12%、女子10%、日本は男子22%、女子15%だった。

習熟度レベルの経年変化をみると、日本は12年調査と比べてレベル5以上の生徒の割合が男子で6ポイント、女子で4ポイント減少し、男子には統計的な有意差があった。

3. 科学的リテラシーもトップクラスを維持

科学的リテラシーに必要なコンピテンシーとして、①現象を科学的に説明する②科学的探究を評価して計画する③データと証拠を科学的に解釈する――の3つの能力に基づき、小問115題(分析対象は114題)を出題。①は49題、②は30題、③は36題だった。出題形式別では、選択肢が32題、複合的選択肢が48題、求答が4題、論述が31題だった。

小問の正答率をコンピテンシー別にみると、①はOECD平均が48%なのに対して日本は55%、②はOECD平均が47%なのに対して日本が55%、③はOECD平均が52%なのに対し日本は60%だった。日本の正答率がOECD平均より10ポイント以上上回っている問題は40題あった一方、10ポイント以上下回っている問題は1題だけだった。また、日本の無答率は3%でOECD平均の4%を下回った。

8段階の習熟度別の生徒の割合をみると、OECD平均はレベル6以上が1%、レベル5が6%、レベル4が18%、レベル3が27%、レベル2が26%、レベル1aが16%、レベル1bが5%、レベル1b未満が1%なのに対し、日本はそれぞれ2%、11%、27%、30%、20%、9%、2%、0.2%で、レベル1以下の低得点層が少なく、レベル5以上の高得点層が多い傾向にある。

レベル5以上の生徒の割合の男女別では、OECD平均が男子7%、女子6%なのに対し、日本は男子14%、女子12%だった。

習熟度レベルの経年変化をみると、06年調査に比べてレベル5以上の割合が男子で3ポイント少なく、女子も1ポイント少なくなっているが、統計的な有意差はない。また、レベル1以下の生徒の割合についても、男子が1ポイント、女子が2ポイント少なくなっているが、こちらも統計的な有意差はない。

4. 順位・得点下がった読解力

今回の調査で中心分野だった読解力では、その定義を「自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、社会に参加するために、テキストを理解し、利用し、評価し、熟考し、これに取り組むこと」とし、①情報を探し出す②理解する③評価し、熟考する――の3つを測定する能力とした。このうち③では「質と信ぴょう性を評価する」と「矛盾を見つけて対処する」の2つの要素を新たに追加している。小問は245題(分析対象は244題)で、①が50題、②が131題、③が64題出された。

正答率は①がOECD平均63%なのに対し、日本は66%、②がOECD平均61%なのに対し日本は63%、③はOECD平均が52%なのに対し、日本は53%だった。日本の正答率がOECD平均より10ポイント以上上回っている問題は37題、10ポイント以上下回っている問題は14題あった。

全参加79カ国・地域のトップ20(網掛けは日本の平均得点と統計的な有意差がない国)

9段階の習熟度レベル別の生徒の割合をみると、OECD平均はレベル6以上が1%、レベル5が7%、レベル4が19%、レベル3が26%、レベル2が24%、レベル1aが15%、レベル1bが6%、レベル1cが1%、レベル1c未満が0.1%なのに対し、日本はそれぞれ、2%、9%、22%、29%、23%、12%、4%、0.7%、0.1%だった。

レベル5以上の生徒の割合の男女別では、OECD平均が男子7%、女子10%なのに対し、日本は男子9%、女子11%、レベル1a以下はOECD平均が男子28%、女子18%なのに対し、日本は男子21%、女子13%だった。

習熟度レベルの経年変化をみると、日本は今回と09年調査を比べると、レベル5以上の割合が男子で1ポイント、女子で6ポイント少なくなり、女子については統計的な有意差がある。また、レベル1a以下の生徒の割合については、男子が2ポイント、女子が5ポイント多くなり、これも女子については統計的な有意差があった。


関連