【北欧の教育最前線】スウェーデンおむつ論争

スウェーデンでは「おむつ」が熱い注目を浴びている。プリスクールで使うおむつを誰が買うべきか、最高行政裁判所の判決がもうすぐ出るのだ。
「保育料」には何が含まれるのか?

発端は、ヴァルムドー市にある私立プリスクールがおむつを提供していなかったことに対して、市が3万クローナ(約34万円)の罰金を課したことだ。行政裁判の第一審と第二審ではヴァルムドー市に軍配が上がった。つまり、プリスクールはおむつを提供すべきだと判断したのだ。私立園は「おむつは洋服と同じ扱い」と考え、最高行政裁判所に申し立てた。

スウェーデンのプリスクールは原則有償で、家庭の収入状況などによって保育料が決まる。しかし、全国的に保育料の上限が決められており、例えば今年度の月額は最大で第一子の場合1425クローナ(約1万6000円)、第二子は950クローナ(約1万1000円)、第三子は475クローナ(約5000円)である。

この保育料に何が含まれるかについて、法的な規定はない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。