【学び合う校内研究】授業を核にした学校づくり

形骸化しがちな校内研究を「教員が主体的に学び合う場」へと改革し、注目されている学校がある。東京都大田区立松仙小学校では2015年度から、生活科と総合的な学習の時間を中心とした研究に取り組んでおり、研究主任の松村英治教諭がそれをけん引している。教員8年目と若手ながらリーダーシップを発揮し、校内研究を改善してきた松村教諭に、インタビューの第1回では、改革の目的について聞いた。(全3回)
主体的に学び合える仕組みの協議会
――校内研究のあり方を根本から見直し、改革されている理由を教えてください。
子供たちが学校で過ごす時間の6割以上は授業です。子供たちの中には「給食が楽しみで学校に来ている」「休み時間にドッジボールがしたい」という子もいると思うのですが、そうした時間はわずかです。子供が本当に「学校に行きたい」と思うには、授業が面白くなければいけません。

校内研究は必ずしも学校運営に必要なものではありません。研究をやらなくても学校は回ります。しかし、授業は私たち教師にとって、最も本質的で大事な仕事です。授業研究に魅力を感じ、「授業を改善したい」「授業研究は面白い」と思えたら、大きな充実感につながります。また、同僚と授業を見合うことが、良き同僚性の構築にも、働きやすい学校づくりにもつながっていくと考えています。

この「子供たちのために」という視点と、「教師のために」という視点の両面から、授業を核にして学校づくりを進めていくことが大事だと考え、校内研究改革に取り組んでいます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。