【AI時代の教育を探る】学習進度2倍に キュビナの衝撃

人工知能(AI)時代を迎え、教育に求められる質が大きく変わろうとしています。【AI時代の教育を探る】は、変化し続ける教育現場の最前線を報告する企画です。
政府が2023年度までに全ての小学生と中学生に1人1台端末を整備する方針を盛り込んだ経済対策を閣議決定した。学校のICT環境が一気に改善する可能性があり、AI教材への注目度が一気に高まりそうだが、いまの学校現場でAI教材の威力を実感している教師はまだまだ多くない。実証事業の舞台となった東京都千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長は「早い生徒は、年間授業時間数140時間のカリキュラムが40時間くらいで終わってしまった」と、効果を評価する。いったい何が起きているのか――。AI時代の教育最前線を探る本シリーズ。今回はEdTechベンチャー企業COMPASS社が開発したAI教材、キュビナ(Qubena)が与えた衝撃を報告する。

(教育新聞編集委員 佐野領)


《知識・技能の習得を最短で行う》
大教室で2クラスの中学生が合同参加する数学の授業。自由席なので、ほとんどの生徒はグループで座っている。タブレット端末を持った生徒たちは、手慣れた様子で問題を解き始める。分からないときはクラスメートに聞いたり、手を挙げて「先生、きてきて」と呼びかけたり。経産省の「未来の教室」実証事業としてキュビナを導入した麹町中学校の自由進度学習は、にぎやかな雰囲気で進められていた。

教員は生徒の質問に答えるほか、手元の教師用画面をみながら、学習が進まない生徒に声をかけている。教員の口数は少ないが、教師用の画面には全生徒の学習状況がリアルタイムで一覧表示されており、生徒が取り組んでいる様子がつぶさに把握できる。

「キュビナは知識・技能の習得を最短で行うための教材です」と、COMPASS社の神野元基社長は話す。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。