【AI時代の教育を探る】Libry 0.5歩先の技術がもたらす改革


人工知能(AI)時代を迎え、教育に求められる質が大きく変わろうとしています。予測不可能な未来を生き抜いていくために、子供たちには深く考え、課題を解決していく資質と能力を身につけることが必須とされ、新学習指導要領にもつながりました。これからの教育現場は、教員だけではなく、グローバルな感覚とテクノロジーを持つ企業や社会活動家、全国津々浦々の地域住民や学識経験者ら幅広い人々がそれぞれの熱量を持って関わり、みんなで子供たちの未来を作る時代になっています。シリーズ企画【AI時代の教育を探る】は、変化し続ける教育現場の最前線を報告します。

児童生徒への1人1台パソコンの整備が政府の経済対策として予算化されることになり、2020年は全国の学校現場が本格的にICT活用と向き合う元年となりそうだ。だが、学校現場では、まだまだICTに対する苦手意識や抵抗感が根強い。そんな中、教師や生徒が使い慣れた問題集をタブレット端末に取り込む「0.5歩先のイノベーション」で、生徒の個別最適化学習や教師の働き方改革に道筋をつけようとしているのが、Libry(リブリー)だ。高校現場を取材してみると、教師たちから「授業中、生徒がずっと自分の勉強に集中できる」「授業の準備時間が格段に減った」との声が聞こえてきた。AI時代の教育最前線を探る本シリーズ。今回は「これまでの学習方法とあまり変わらないのに、ICTの効果が得られる。そんな心理的障壁の低さが特徴」(後藤匠・Libry代表取締役CEO)というリブリーの挑戦を探った。

(教育新聞編集委員 佐野領)


この特集の一覧
 ・AI時代の教育を探る

《タブレット導入3年目》
千葉県市川市にある市川学園。中野恵介教諭が担当する高校2年生の数学の授業を見学すると、生徒たちはリブリーがインストールされたタブレットをみながら、数学Ⅲの小テストを受けていた。生徒はノートに手書きした解答をタブレットのカメラで、パシャリと撮影。生徒たち全員の解答は、即座に教師用端末に映し出されていく。

「記述式問題で、いい解答を作っているな、という生徒がいたら、その写真を電子黒板に投影し、クラス全員にみせることがすぐにできます。いままでなら、いちいち生徒が黒板に出てきて書いたり、教員が写したりしていたのに、そういう時間や手間が全然ありません」

続いて、中野教諭は、タブレットに用意された問題集から、関連する数学ⅡBの問題を解くよう生徒たちに指示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。