【各国の消費者教育】高校生が経営するフェアトレード会社

大阪教育大学教授 鈴木真由子
この特集の一覧
各国の消費者教育
今年3月に訪問した消費者学校銀賞校(ニーダーザクセン州ハインベルク・ギムナジウム)について、ご紹介します。
ユネスコスクールとしての取り組み
創立150年以上の歴史があり、ナチス時代には収容所として使われていたそうです。校舎の一角には、その名残をとどめたプレートがありました。

25年前に、ユネスコのプロジェクトスクールとして認定され、「最も古く、最も活動的な学校」の1つに数えられているそうです。5年生以上には、ユネスコ・プロジェクトに関連したカリキュラムが用意されています。カリキュラムはESDの流れを受けて構想されており、通底するコンセプトは「環境配慮」「持続可能性」「エシカル」「社会貢献」です。

学校の基本的な考え方として、生徒主体による活動が重視されています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。