【学び合う校内研究】ツールとシステムを定着させる

研究主任として、従来の校内研究を根本から問い直してきた東京都大田区立松仙小学校の松村英治教諭。改革によって学校全体にどのような変化が生まれたのか、またその遂行にあたってはどんな課題や葛藤があったのか。インタビュー最終回では、校内研究改革の成果と課題を聞くとともに、同校が独自に開発してきたツールとシステム、若手教師を支える取り組みにも迫った。(全3回)
この特集の一覧
学び合う校内研究をどうつくるか
普段からみんなで授業を見合う
――校内研究を改革してきたことで、学校に生まれた変化や成果を教えてください。
校内研究の協議会は年々、経験年数が関係ない場になってきています。若手が堂々と発言するのはもちろんのこと、ベテランの先生も「これだけは絶対言っておかなければ」ということは、しっかり発言してくれます。異論反論も飛び交いますが、それでいて和気あいあいとした雰囲気で進んでいます。

校内研究を通じて、「みんなで授業を見合う」意識が高まってきたこともあり、空き時間に誰かの授業を見に行く先生も少しずつ増えてきています。放課後の職員室で、先生たちが学年の垣根を越えて、授業の話を気軽にできる環境ができてきています。

研究授業ではどうしても、「ここだったら安全」という場面を扱いたくなるものです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。