【井本陽久】「できる」「できない」からの解放

井本陽久教諭、生徒からの愛称は「イモニイ」。約30年間にわたり私立栄光学園中学校・高等学校(神奈川県鎌倉市)で数学教師として教壇に立ち、今年4月からは私塾「いもいも教室」(都内や横浜市などで開催)の活動に注力する傍ら、同校の非常勤講師も務める。そんなイモニイの授業には、全国各地から見学に訪れる教育関係者が後を絶たない。授業において「できる、できないはどうでもいい」と言い切る井本教諭に、生徒が試行錯誤しながら、生き生きと学ぶ授業づくりの秘訣(ひけつ)を聞いた。
この特集の一覧
なぜイモニイは子供に愛されるのか
生徒が生き生きできる授業
――井本先生のもとには、全国から教師が授業見学に訪れていると聞きました。一言でいうと、どのような授業づくりをされているのでしょうか。
私はただ目の前の生徒と向き合って、普通に授業をしているだけです。特徴を強いて挙げるなら、「生徒が生き生きできる授業」でしょうか。

そのために大切にしているのは、かっこよく言えば信念と授業準備です。そして何より、子供たちが自分のやり方で「試行錯誤し続ける学び」を念頭に置いて教壇に立ち続けています。

信念について言えば、「本質を問い続ける」ことを意識し続けています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。