【井本陽久】子供は勝手に「伸びていく」

私立栄光学園中学高校(神奈川県鎌倉市)の井本陽久教諭が主宰する私塾「いもいも教室」。中学生を対象に都内や横浜市内などで開催し、教科学習を超えて生徒一人一人の「考え方」や「感じ方」に焦点を当てた学びを展開する。不登校など困難を抱えた生徒も「頭の中は、いもいものことが99.9%」と話すなど、人気は高い。なぜ、子供たちは「いもいも教室」で輝けるのか、学校現場の課題とともに人気の理由を探る。(全3回)
この特集の一覧
なぜイモニイは子供に愛されるのか
ありのままの子供の姿を認める
――「いもいも教室(いもいも)」はどのような子供が通っているのですか。
学校に普通に通っている子もいれば、学校に行っていても面白くないと思っている子や不登校の子もいます。既存の教科の枠を越えて思考する力を育み、自分で考えることの楽しさを感じてもらえるような授業を展開しています。

特徴は、たくさんの大人がいること。立ち上げた頃は私を含め大人は2人だけでしたが、いつの間にかボランティアがどんどん増え、今では十数人規模になっています。見学に来てファンになってくれて、そのまま居つく人もいます。

いもいもの大人たちは、子供のありのままの姿を認め、その子の全てを面白がり、受け入れます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。