【世界の教室から】各国の教師育成策

(一社)GiFT・グローバル教育プロデューサー 木村 大輔
教職に対し、若者をどう魅了し定着させるか
今年10月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)アジア太平洋地域教育局(ユネスコバンコク事務所)主催の「世界教師デーアジア太平洋地域フォーラム」がバンコクで開催された。このフォーラムは、1994年に制定された「世界教師デー」の記念事業で、今年は「職能開発の役割:教職に対し、若者をどのように魅了し定着させるか」というテーマで、政策立案者、学校長、教員、教員育成機関からなる14カ国からの代表団、国際労働機関(ILO)と、ユネスコの代表者約50人が集まり、プレゼンテーションやパネルディスカッションが行われた。

最初に、ユネスコアジア太平洋地域教育局所長の青柳茂氏から「SDGsという野心的な目標を達成するためには、教育は非常に重要であるが、世界ではいま6880万人の質の高い教員が不足している」という開会あいさつがあった。

青柳氏は、ユネスコは教師という職業を魅力的で楽しいものとするために、ILOとともに活動してきたこと。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。