教員いじめ 学校固有の課題

今年10月、神戸市立小学校の教員による男性教諭への暴行・いじめが発覚し、その醜悪な内容に全国から驚きの声が上がった。一方、現場教員などからは「程度の差はあるが、特異な出来事ではない」との意見も聞こえてくる。

本特集の第2回となる今回は、一連の出来事に対する神戸市の対応などの続報、現場教員の声、有識者が考える問題の背景などから、解決策を探る。

神戸市教委の対応
神戸市立小学校で起きた男性教諭への暴行・いじめ問題で、同市教委は外部調査委員会を設置した。市教委からの独立性を保つため、調査委のメンバーは市長部局の行財政局が選んだ弁護士3人。10月18日に初会合を開いて以来、被害教員や加害教員、同僚らから聞き取りを進め、暴行・いじめの具体的な状況や、他の加害者、被害者の有無などを確認している。報告書は年明けに公表する見通しだ。

加害教員4人について、同市教委では10月に無給の分限休職処分を出していたが、調査委から報告書が提出されたらすぐにも追加処分を決定し、失われた市の教育行政の信頼回復に取り組むとしている。

並行する形で、同市教委では10月16~29日の2週間をかけ、全教職員約1万2000人を対象にハラスメント調査を実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。